馬頭琴奏者 嵯峨治彦オフィシャルサイト

レポート:子供のための馬頭琴コンサート in 水戸

昨年(2020年)11月は、ひたちなか市那珂湊総合福祉センターホール (たんぽぽ保育園ほか8園合同コンサート)、水戸市内の小学校(三の丸小学校、河和田小学校、鯉淵小学校、大場小学校、柳河小学校)、そしてカフェ Gurunpaで、朗読家の見澤 淑恵さんと一緒に演奏させていただきました。

楽屋に居るときや移動の時など、見澤さんは様々な年齢の子供たちとのふれあいの中で起きたたくさんの奇跡について話を聞かせて下さったのですが、なんとこの時も素敵なことがいろいろ起こったのでした。そのなかの一つを、以前 facebook に書いた記事 から再掲します。

・ ・ ・ ・ ・ ・ 

朗読家の見澤 淑恵さんと一緒に、水戸市内の小学校にコンサートで伺った時のこと。

ある演目が終わったとたん、児童の一人が言った。「がんばりましたね」

近くにいた見澤さんによると、丁寧で穏やかな口調だったそうだ。

コロナ対策で会場の体育館を広く使っていたため、何列か離れていた僕は、その言葉を聞き逃してしまった。でも、先生方をはじめ周りにいた人たちはその言葉を聞いて、とても驚いていたらしい。

コンサートの後で、校長先生が少し興奮気味にその理由を教えてくれた。その子はハンディキャップがあって話すことができず、学校では一人の指導員さんがずっと付き添っているそうだ。指導員さんはその子に、いつも丁寧な言葉遣いで話しかけ続けていた。そしてある日、ついに4年間の沈黙を破って、その子が指導員さんに向かって、初めて「せんせい」と話しかけたのだそうだ。

我々が小学校に伺ったのはその数週間後。ふだんその子が指導員さんから、どんな時に「がんばりましたね」と言われていたのかは分からないけど、コンサートの時にその子から大切な言葉の一つを分けてもらえたことは、ずっと忘れられないと思う。

・ ・ ・ ・ ・ ・ 

今年1月に水戸で予定されていた見澤さんとの共演は、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて流れてしまいましたが、またいつかご一緒させていただける日を楽しみにしております。

special thanks to 青空事務所の皆さん&横田和子さん。